N695_ichimanensatu500-thumb-750x500-1738

有償ボランティアって何?

ボランティア活動は、必ず無償で行うものとは限りません。
「ボランティア」の定義はその活動を通して利益を追求せずに行うということなので、
必要な経費分を補うためやそこで勤務する人員の給与分のみを金銭として受け取ることは、
ボランティア活動の範囲を逸脱するものではないからです。

ボランティア活動の中でも、人員の不足が起きがちなのが、保育・介護の分野です。
そのため、より定期的に人員を確実に確保していくために、これらの活動においては
報酬が発生する「有償ボランティア」としての募集が行われることがあります。

有償ボランティアが日本で発生しはじめたのは、1980年代のことです。
以降その輪は順調に広がってゆき、現在では福祉分野のNPO活動は有償ボランティアによって、
かなりの部分を担われているのが現状です。

どれくらい貰えるの?

しかし有償となると気になるのは、どのくらいの金銭報酬が発生するかということであり、
通常のアルバイトとしての勤務とどのあたりに違いがあるかということも、事前に知っておきたいところです。

ちなみになぜ本来的には無償が原則となっているボランティア活動において、
有償ボランティアという方法が増えてきたかということを、実際に介護分野で活動している
NPO団体に訪ねたところ、「活動の輪を広げるため」という回答がもっとも多く、
次いで「有給職員を雇えないため。人件費を節約するため」といった意見が聞かれます。

有償ボランティアというとNPOが損をしているかのようですが、
実際には専門の職員を雇い入れるよりもずっと費用を軽く活動をすることができるという利点がある様子です。

有償ボランティアの場合には、通常のアルバイトとしての給与よりも低い給与水準であることが一般的です。
支払いは時給換算の場合と日当、または期間内の活動をすることを前提にまとめて支払う場合と団体によって
かなり方法は異なります。

そもそも、ボランティア活動であることから、一般のアルバイトよりも金銭面での計算方法は
ゆるく考えられていることが多いようです。そのため、もし有償ボランティア活動に参加する場合には、
通常のアルバイトと同じような感覚で「給与に見合った働きくらいでいいか」というふうに考えてはいけません。
むしろ本来的には無償のところに報酬が発生するのだという考えで、責任感のある仕事を行う必要があります。

同じボランティア活動なら報酬が受けられるならそっちがいいやというのではなく、
まじめに活動に参加したい人こそ有償ボランティアへ応募するようにしてください。