ELL88_takaozannosandou20140723001500-thumb-1204x800-5328

グリーンセイバーとは?

自然環境や生態系に関する正しい知識を持ち、自然と共に生活する楽しさを
多くの方に伝える資格として注目されているのがグリーンセイバーです。

環境問題がクローズアップされる中で、私達が住んでいる生活環境が
徐々に変化し始めていることを実感している方も多いはずです。異常気象や生態系の異常が数多く
確認されているのは、自然環境の悪化が確実に進行しているからだと言われています。

これ以上環境を悪化させずに、未来の子供達にも美しい自然を残すためには
一人ひとりが考え方を変えなければいけません。グリーンセイバーの資格を取得している方は
豊富な七騎と経験を活かしながら、多くの方に指導するために活躍できます。

ボランティア活動の一環としてもグリーンセイバーの知識は非常に役立ち、
大人はもちろん、今の子供たちにも自然の大切さを訴えて理解してもらうことに繋がります。

グリーンセイバーの資格

グリーンセイバーの資格はベイシック、アドバンス、マスターの3種類が存在しています。

ベイシックはどなたでも受験することができる最も初歩的な知識を習得できる資格です。
植物に関する基礎知識や生態系などグリーンセイバーとして覚えておきたい基本的な内容を学習します。

アドバンスはベイシックに合格した方やベイシックと一緒に受験する方が対象になります。
ベイシックで学習する内容に加えて更に深い内容を習得できるように目指します。

マスターはアドバンスに合格した方が対象になる試験で、自然に関する専門的な知識が要求されます。
記述式の問題で、小論文も必要になるためかなり難易度が高くなる特徴があります。

それぞれのレベルに合わせたテキストや過去問題集が用意されていますが、マ
スターの過去問題に関しては記述式のため販売対象になっていません。試験会場は東京や大阪などで
実施されていますが、マスターだけは東京の立教大学で実施されています。

グリーンセイバー試験に合格した方は登録を済ませておくと後日協力養成情報が届くようになります。
取得した資格を活用して多くの方に自然の大切さを伝えるグリーンセイバーとしてボランティア活動が
できるようになります。

企業や学校が実施する自然体験イベントなどに協力するスタッフとして活躍することができます。
募集しているスタッフについては樹木・環境ネットワーク協会のホームページ上で随時募集されています。
企画運営に関わる内容や事務局、自宅でもできるボランティア活動の募集も随時行っています。

参考:グリーンセイバー