RR152_wanko2500-thumb-637x500-2229

愛玩動物飼養管理士とは?

日本では各世帯で何らかのペットを飼育している割合がかなり多いと言われています。
犬や猫以外にも魚や鳥、ウサギなどのペットだけでなく、珍しい動物を飼育している世帯も多いです。

最初のうちはとてもカワイイ存在だったのに、うまく躾ができなくて
なかなか言うことを聞いてくれない状態になる事例や、思っていた以上に大きくなったからと
途中で飼育を放棄してしまう飼い主が非常に増えています。

人間の身勝手で飼育を放棄されてしまった動物を保護するために
活躍しているボランティア団体も全国に多数存在しています。

特に犬や猫は躾が原因で隣人と大きなトラブルに発展しやすく問題視されています。
本来であれば小さな命を最後まで責任を持って飼育する覚悟がなければ
飼い主になる資格はないといえます。

愛玩動物飼養管理士の資格

愛玩動物飼養管理士はペットを飼育するにあたって必要になる躾や病気、
飼育管理に関する事などを飼い主になる人に指導する役割を担います。
捨てられてしまったペットを保護するボランティアを行っている方は
特に重要視される民間資格になります。

愛玩動物飼養管理士の資格は1級と2級が存在しています。
通信教育の場合はお申込みを行うと教材が届くので学習を進めながら
全国の主要都市で実施されているスクーリングを受講します。

指定期間内に課題報告問題の解答用紙を提出し、認定試験を受験する資格を得ます。
2級は満18歳以上の方で、今までに動物に関連している法律に違反した経験のない方なら
どなたでも受講できます。1級は2級の資格を持ち、認定登録している方が受講対象になります。

愛玩動物飼養管理士の教育課程は対象になる専門学校などでも受講可能です。
主にトリマーや動物看護師の各種専門学校で取り扱っていますので、
目標としている資格と併用して取得を目指せます。

高校を対象にした準2級の資格も設けており、指定校や採用校として
対象担っている場合は選択科目として選ぶこともできます。

ボランティアとして活動するだけでなく、ペット関連の仕事に携わっている方にとって
愛玩動物飼養管理士の知識とスキルはとても役立ちます。

例えばペットショップで働く場合は、動物にしつけ方や正しい飼育の仕方の知識を習得できるため、
これから飼い主になろうとしているお客様に対して的確なアドバイスができます。

犬や猫だけでなく、ウサギや鳥などの様々な動物によって異なる飼育の仕方がわかるので、
自分自身でペットを飼育する際にも役立てることができます。

参考:愛玩動物飼養管理士