ボランティアのメリット

ボランティア活動は、世のため人のためになるための活動ですが、
自分自身にとっても大きなメリットとなることもよくあります。

厚生労働省の行ったアンケート調査によると、ボランティア活動を通じて
得たこと・良かったことが「ある」と答えた人は全体の98.3%と、
参加をした人のほとんどが何らかの満足感を得ることが出来たという結果となっています。

ちなみにこの活動によって得られたことの代表的な項目としては

「多くの仲間ができた」
「活動自体が楽しかった」
「自分の人格形成や成長にプラスになった」

といったような、人間関係面での向上や自分の気持の上での満足感が多く挙げられています。

ボランティア活動として参加をしてみたことが自分にとって大きな知識や経験を得る機会となり、
その後就職や進学先を選ぶ一つのきっかけになったというケースもあるので、活動への参加は今後も
より多くの人に体験してもらいたい項目であると言えます。

どうやって参加するの?

ところでそんな活動に興味はあるのだけれども
何から始めればよいのかわからないという人もいるかと思います。

自分の空き時間を利用して何か人の役に立つことをやってみたいなというような
漠然とした考えのときには、まずは最寄りの団体にはどのようなものがあるかということを
調べてみることをおすすめします。

現在はメンバーの登録サイトや検索用データベースを用意している便利なサイトもあるので、
インターネットでそれらを調べれば簡単に自分の近くにある団体を検索することができます。

参加するボランティアを探すときのポイントとなるのが地域、種類、頻度といった点です。
初めて参加する場合には、個人ではなく過去に実績のある団体に参加した方がどこでどのような活動を
行なっているかということがわかるので便利です。

まずは自分の興味のあるジャンルで活動を行なっている団体が
近くの地域にないかということを調べてみるとよいでしょう。しかしいくら興味ややる気があっても、
スケジュール的に参加が難しいという場合には十分参加をすることはできません。

毎週のように活動をする団体では、仕事でウィークデイが潰れてしまう
サラリーマンの人にとっては顔をだすことも難しくなります。

ボランティア活動で大切なのは、まずは参加してみるということとともに、
とにかく続けてみるということです。そのためできるだけ長く続けていけそうな団体を探し、
自分のペースで参加をしていってください。