ボランティアの組織

ボランティアを行うときには、団体として運営をしていくことで
個人単位で行うよりもずっと高度な活動内容にしていくことができます。
例えば国際的な協力を行うような場合や、
内容的に大人数が必要となるようなボランティア活動です。

そんな大きな規模でのボランティア活動を行うために設立されているのが、
NPO・NGOと呼ばれる非営利活動を目的とする組織です。

日本においてもすっかりこのNPOとNGOという名称は社会的認知度が高まっていますが、
この2つの組織はどのような差があり、これから参加をしたいという人は
どちらをどんな基準で選べばよいのでしょうか?

まず用語から説明をしていくと、NPOは「Non Profit Organization」の略称であり、
直訳をすれば「非営利団体」という意味になります。

対してNGOは「Non-Governmental Organization」の略であり、
こちらの直訳は「非政府組織」という意味になります。
しかしこの言葉だけではそれぞれどのような独立した意味を持っているかがよくわかりません。

実際のところ、この2つは一応用語としては分類されていますが、
明確にどちらというふうに分類する基準とはなっていないようです。

あえてどこに違いがあるかというと、
NPOの場合には非営利という金銭を目的とした活動ではないという点に重点がおかれており、
一方のNGOの場合は非政府組織としてどの国家の利益のためにも活動をするものではないという
立場的な意思表示として使用されることが多いようです。

組織を設立する場合

なお、NPO・NGOのいずれも単に団体として設立をする場合には
特に許可や申請をする必要はありません。

ただ、団体として活動をするときに法人格を取得しておくと活動のために
必要な手続きの利便性が高まるので、ほとんどのNPO・NGO団体は法人申請を行っています。

NPOおよびNGOの法人格を取得するための規定については
「特定非営利活動促進法」という法律によって内容が規定されています。

特定非営利活動促進法では、どのような活動を行う団体について
NPO・NGOとしての法人格を与えるかということについてや、申請をしてから
実際に設立されるまでの流れについて細かく説明がされています。

企業として法人格を取得する場合には、設立のために資金や手数料など
かなりの金額がかかりますが、NPOやNGOの場合には設立そのものに
特に資金や手数料がかかることはありません。