バブル時代を生き抜いたグラビアアイドル

岡本夏生さんといえば日本でも、全盛期には有名なレースクイーンやグラビアアイドルも行っていた人物です。
バブル時代の1989年にタレント活動を始めたタレントで1990年代にはセクシー系のバラエティータレントとして広く活動するようになります。

映画やドラマに女優として出演することが多くなりますが、事務所とのトラブルや仕事の方針の違いにより一時休止や所属事務所の移転をしますが1996年になると仕事が減少しテレビ業界から姿を消すことになります。
2010年になると再ブレイクをして芸能活動を本格的に再開します。

その後2011年の東日本大震災の発生した後自分に出来る事を考えてボランティア活動を多く行うことになります。
ボランティア活動をしながら芸能活動を行う忙しい毎日を送っています。
現在は芸能事務所に所属しておらずフリーランスとして活動しているタレントになります。

東日本大震災

2011年の3月に東日本を襲った大震災は、現在でも東日本の復興が完全に完了しないほど大きな打撃を日本に与えた地震になります。
この地震の影響で長年住んでいた土地を離れて別の土地に移り住んだ人が多く存在します。

また、この地震の後に発生した大津波の影響で多くの家族がなくなっている状況にあります。
現在は少しずつ復興していますが、完全に回復した状況ではなく、芸能人の人たちがイベントやボランティア活動を今でも行っております。

ボランティア活動

岡本夏生さんは、東日本大震災の前から全国の恵まれない人たちのために自分の私物や水着そして衣装を売ったお金を寄付している人物になります。
悪質な売り捌きとは、違う証拠として自分で着用したポラロイド付属して売っています。

岡本夏生さんは東日本大震災の直後から精力的にボランティア活動を行っております。
岡本さんのボランティア活動の行動としては、以前から利用している自分自身のブログを利用して募金や物資の援助を呼びかけるだけでなく、ひとりで街頭に立って人々に呼びかける活動を行っています。

被災地まで直接出向いて実際に支援活動を行っている時は、芸能人の慰問ではなく1人の個人としてボランティア活動を行っております。
そのボランティア活動の救援物資を配って歩く姿がYouTubeで公開されて話題になっています。
芸能人でチャリティー活動を行っているとは多く存在していますが、岡本夏生さんのように芸能人ではなく1人の個人として活動している人は珍しいです。

現在では、岡本さんのイベント活動に賛同している人たちが参加をしてイベント活動を盛り上げております。
現在も岡本夏生さんは、東日本大震災のボランティア活動のために月1のペースでチャリティー活動を芸能活動の傍ら行っておりチャリティー活動に精力的に参加しています。