NHKを10数年出禁の過去も

日本のミュージシャンであり俳優でもある吉川晃司さんは、広島県の出身で自分自身で設立した所属事務所株式会社アクセルミュージックエンターテイメントの代表取締役社長を務める人物です。
歌手デビューが1984年でその後有名歌手とユニットを組んで多くのヒット曲を発表します。
デビュー当時は映画に多数出演して俳優業を行っていましたが、一時期俳優業から遠ざかっていた時代がありましたが2000年から映画に復帰することになります。

NHKの紅白歌合戦初出場したときには、自分自身が行ったパフォーマンスの影響によりその後10数年間出入り禁止となってしまいます。
その後出入り禁止が解除され大河ドラマに出演するなど歌手としてまたは俳優として活動しています。
そんな吉川晃司さんが活動したのが、東日本大震災によるボランティア活動です。

東日本大震災

この日本に住んでいる多くの人たちが平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を体験している人が多くいます。
直接地震による影響もありましたがその後に発生した津波により東北地方沿岸部特に福島県では甚大な損害を被ることになります。

また福島第一原子力発電所においても地震と津波による影響により甚大な影響を及ぼすことになります。
この地震は、東北地方だけでなく関東地方にも影響を及ぼし千葉県では液状化現象が起こるほど広範囲にわたる地震の影響を数日間を及ぼすことになります。

その影響は、国内だけにとどまらず周辺各国から日本にきている外国人も本国に帰国する影響を及ぼすほどの大きな地震になります。
阪神淡路大震災の教訓を生かすことができず大きな損害を発生させた大震災は、今でも日本に何らかの形で震災による影響を及ぼしている状況にあります。
また、この震災を通して多くの人たちがボランティア活動に参加と太陽光発電を始めとするエコ活動のきっかけとなります。

吉川晃司さんのボランティア活動

東日本大震災に伴うボランティア活動は、芸能人でも多くの人が参加している状況にあります。
吉川晃司さんも、東日本大震災のボランティア活動に参加している芸能人の1人になります。

吉川晃司さんは、この震災によるボランティア活動に参加するときは自分の身分を隠して参加しています。
参加したボランティア活動では、ボランティアグループと一緒にがれきの撤去作業に参加しております。

その時に感じた無力感について歌に表しています。
吉川晃司さんは、2011年の夏には布袋寅泰さんと伝説のユニットCOMPLEXを復活させて東日本大震災のチャリティーライブを開催し10万人を動員する大成功されます。

このチャリティーライブにより勇気づけられた多くの震災の人たちが、その後の希望を胸に努力する糧を得ることになります。
一個人として実際にボランティア活動に参加をし汗を流し被災した人々の役に立ちたいと考え参加したボランティア活動になります。