世界的な人気の女優

アンジェリーナ・ジョリーさんは、アメリカ合衆国の女優で映画プロデューサー、ファッションモデルそしてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)特使となっている人物です。
アンジーの愛称で14歳からアメリカとヨーロッパの両方を基点としてファッションモデルを始めます。
その後1998年度テレビ映画により評価を受けて実力派女優の地位を確立していきます。
そして2001年に有名な映画に出演して世界的な人気を獲得することになります。

最近では、乳腺切除、卵巣と卵管切除の手術を行いニュースになります。
これらの手術を行った原因が遺伝子検査による結果で将来乳がんや卵巣がんの確率が高いことがわかり、2013年に乳腺切除を行い2015年の3月には卵巣と卵管の切除の手術を行います。

有名な映画の撮影でカンボジアを訪れたことをきっかけにして、人道問題に興味を持ちます。
その後UNHCRの職員と人道支援の現場を訪ね国際的支援を精力的に訴えるとともに本格的な慈善活動を始めることになります。
UNHCRの親善大使に2001年任命されることになります。

その後は40カ所以上の人道支援の現場に足を運ぶとともに避難民の現状を訴えています。
2012年になるとこれらの活動が評価されて国連難民高等弁務官であるアントニオ・グテーレスにUNHCRの特使に任命されます。

慈善活動

アンジェリーナ・ジョリーさんが行った慈善活動では、カンボジア人の男児、エチオピア人の女児とベトナム人の男児を養子として引き取っています。
2003年に、カンボジアで基金プロジェクトを立ち上げるとともに各分野での貢献を行います。
2005年になると難民と移民の子供たちのためのセンターを立ち上げ若い難民支援者の法的支援を行います。

2008年では、企業と協働で弁護を必要とする子どもたちのために組織を立ち上げるとともに、アメリカ在住の保護者のいない移民の子供たちの法的支援の提供を行います。
2007年には外交評議会のメンバーになり外交評議会に資金提供を行います。

2010年になるとハイチを訪問して政府の法的統治能力を強化するためのプログラムを設立します。
このプログラムではハイチに若手の弁護士を派遣することで、政府の児童保護の支援強化を目的としています。

これらの人道支援の活動を続けて行っており2003年に国連特派員協会の第一回国連特派員協会賞を受賞します。
2005年になると難民支援活動が評価されて、国連経済協議会とアメリカ国際連合協会のグローバル人道賞を受賞することになります。

2007年には、国際救済委員会においてフリーダム賞を受賞します。
これらの積極的な10年にわたる人道支援の活動が評価されて2011年の10月にUNHCRから人道支援の貢献を表彰されます。
このように、アンジェリーナ・ジョリーさんは、これまでに多くの人道支援活動を続けています。